狂乱のビーチパタヤへGO!!GO!!

世界屈指の狂乱のビーチへようこそ・・・。

やっとやっと・・・タイに到着

 

前回の記事の続きになります。

 

alonepattaya.hatenablog.com

 

無事に・・?

到着したんですけど。

飛行機の中って異常なくらい寒くありませんか?

普段から寒がりなんで、長袖着用でしたがそれでも寒くて寒くて・・・。

それでも半袖の方もたくさんいます。

日本人とは根本的に造りが違うんでしょうね。

 

見事に風邪ひきましたよ。

まず当日の朝からなんとな~く喉に違和感はあったんですが、

完全にとどめをさされました。

 

唾を飲むのも痛いくらい喉が痛いし・・・。

初日から身体壊してしまいました。

 

とりあえず、計画してた通り空港に到着したら

SIMカードを契約しました。

私もそうですが、SIMを契約するなんてすごく難易度高そうに思いますが

非常に簡単でした。

そして今回の旅で一番役にたったアイテムは間違いなく

ネットに繋がっているスマートフォンです!

地球の歩き方も持ってましたがスマホがあれば必要なかったですね。

是非皆さんSIMカード契約しましょう。

タイの通信事業者は AIS true dtac になります。

 

①SIMフリースマホを用意する(日本で用意するのが無難?)

②空港のSIMショップへ行く(私はdtacで契約しました。)

スマホの言語設定を英語に設定する

④SIMショップにメニューがありますので、好きな物を指さす。

スマホを渡して完了。

 

私はとりあえず2週間で5Gのプランを契約しました。

カンボジアにも行く予定だった為です。

 

金額は忘れましたが、500Bくらいだったかな・・・。

どちらにしても日本人からしたらたいした金額ではありません。

 

サクッと契約を済ませて早速嫁にLINEを送ります。

ちなみにタイと日本の時差は-2hです。

 

さて、宿に向かいます。

とりあえず最初の一泊目の宿は予約していました。

ドミトリータイプの宿で、一泊20Bの安宿です。

 

空港のタクシー乗り場でタクシーに乗ります。

乗り場に整理券の発券機があり、書かれた番号のタクシーに乗ります。

行けば誰でもすぐにわかると思います。

ちなみにここに待機しているタクシーを利用するとメーター料金プラス50B必要です。

 

さぁ初のタクシーです。

とりあえず荷物を積み込み助手席に座ります。

車はやはり世界のTOYOTAです。

 

初めてタイ人と話すのでドキドキします。

ドライバーは背の高い50代くらいのおじさんです。

なんとな~く適当に挨拶します。

 

ここで早速スマホが役立ちます。

ホテルの地図をGoogleマップで表示して運転手に見せます。

どうもわからないようです。

 

説明する語学力もないので、On nut駅に向かってもらいます。

 

おっさん「こんなホテルしらない。わからない」と言っているのかな~

おいら「OK!  go to on nut station」

 

合ってるかどうかは知りませんが伝わったようで車は走り出します。

一応メーターを動かせみたいにタクシーメーターを指さしましたが

多分何も言わなくても大丈夫でしょう。

もしメーターを使ってくれなかっら、「メーター!」とか言えばOKです。

 

走り出したらすぐにハイウェイは使うか?と聞かれます。

ここはYESと言っておきましょう。

高速代は35Bでした。

 

道中、いきなり友達?とゲラゲラ笑いながら電話をし始めたり

早速日本とのギャップを感じました。・・・

 

つづく